【在住者おすすめ】マレーシアで行くべき国内リゾート3選

TRAVEL

こんにちは!マレーシア・ペナン島からローカル情報をお届けしているペナンラボです。

マレーシアはもともとエアアジアの本拠地なこともあり、東南アジアやモルディブ、スリランカなど、日本にいたときより気軽に海外旅行ができる環境にあります。

現在は新型コロナウイルスによる国境封鎖の影響で、自由に海外旅行ができない状況です。

そんなときこそマレーシア国内のリゾートに目を向けてみようということで、筆者が今までに行ってよかったリゾートをご紹介します。

レダン島

レダン島(Redang Island、ルダン島)はマレー半島の東海岸にある有名なリゾート地です。

トレンガヌ州・クアラトレンガヌから45km沖合いに浮かび、マレーシアでも最も美しい島の1つと言われています。

島内には空港もありますが定期便は運行しておらず、クアラトレンガヌ空港を経由し高速ボートに乗るアクセスが一般的です。

時期によってはクアラルンプール・スバン空港から直行便も運行しているので、タイミングが合えば利用してみるのもおすすめです。

レダン島の海の透明度は抜群で、少し沖まで出ると海ガメにも簡単に出会えます。

とてものどかな島で街中にはほとんどないので、食事はホテルのレストランが中心になります。

わたしが宿泊したホテルはこちら

The Taaras Beach & Spa Resort

公式ウェブサイトはこちらから。

レダン島で唯一の5つ星ホテルと言われていますが、部屋の広さやサービスのレベルはそれなりです。

大型リゾートホテルなので初心者や家族連れにも優しく綺麗な海を楽しませてくれます。

ガヤ島

ガヤ島はサバ州コタキナバルからボートで20分ほどの場所にある離島です。

ガヤ島と周辺の島々はトゥンク・アブドゥル・ラーマン公園という国立公園に指定されていて、豊かな自然と海の美しさが有名です。

コタキナバル空港を経由して高速ボートで30分ほどでアクセスできます。

島内には水上コテージや高級ホテルがあり、日中は周辺の離島を巡ったりマングローブをカヤックで探索することもできます。

コタキナバルはシーフードで有名な街なので、ぜひコタキナバルとセットで楽しんでください。

わたしが宿泊したホテルはこちら

Gaya Island Resort

ホテルの公式サイトはこちらです。

アジア系の観光客が多く、かなり賑やかな雰囲気のホテル。

敷地内のバギーサービスがないため、移動がよい運動になりました。

ホテル主催のスノーケルツアーに参加しましたが、レダン島に比べると海の透明度はイマイチ。

タンジョンジャラ リゾート

タンジョンジャラリゾートはマレー半島東海岸のトレンガヌ州にあるYTLリゾート系列の5つ星ホテルです。

KLIAからクアラトレンガヌ空港を経由して、車で70Km、約1時間のところにあります。

上記の2箇所と少し異なり、こちらはこのホテル自体が旅の目的になるホテル。

わたしは居住者専用の朝食、昼食、夕食と毎日のスパが含まれたパッケージを利用しました。

あいにく雨季で、毎日天気が悪く海は大荒れで泳ぐことはできなかったのですが「ステイケーション」を満喫することができました。

ホテルはマレーシア建築の王宮を模して作られており、広大な敷地に異国情緒あふれる建物と自然が調和しています。

スパも素晴らしくて、マレー建築の豪邸がまるごとスパになっていて心の底からリラックスできます。

アクセスは少し悪いけど、スタッフさんの気配りも素晴らしく絶対に再訪したいホテルです。

同じYTL系列のパンコールラウトリゾートもおすすめです。

その他のおすすめリゾート

マレーシア旅行というとクアラルンプールやマラッカ、ペナン、ランカウイが注目されがちですが、マレーシア国内にはまだまだたくさんのリゾートや観光地があります。

これからわたしが行ってみたいと思っているのは・・・

バンジャランホットスプリングス&リゾート

The Banjaran Hot Springs – Banjaran Hot Spring Ipoh -Ipoh Hotel Booking

ペルヘンティアン島

ティオマン島

これからもマレーシアのリゾートを開拓していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました